プレスリリース

2016年10月03日
日本初『国際航空運賃検定』を実施します

株式会社オーエフシー(代表取締役社長:池田了一)は、2017年2月4日より国際航空運賃についての基本的な知識レベルを認定する検定試験『国際航空運賃検定』を実施します。この『国際航空運賃検定』はCBT方式(※1)で実施されるため、試験終了後すぐに合否が判定されます。また、受験者は学習状況に合わせていつでも受験できる(※2)ほか、すべての都道府県にある全国で約180箇所の試験会場で受験することが可能です。

『国際航空運賃検定』では、国際航空運賃に関する基礎用語の理解度を確認する問題、そして『OFCタリフシリーズ』をベースに国際航空運賃規則の基本から応用問題まで幅広く出題されるため、合格者は国際航空運賃を取り扱うことができる基本的な知識を習得していると認定されます。合格者には正式な合格証も発行しますので、進学や就職における資格証明書としてご利用いただけます。

私どもオーエフシーは、新登場の『国際航空運賃検定』が旅行業界はじめ一般企業の皆さま、また学生の皆さまに広くご活用いただけることを願っております。

詳しくは http://www.ofc.co.jp/ をご覧ください。

【詳細はこちらから】OFCニュースリリース_16006号(検定).pdf

【プレスリリース】年別一覧

2017年 2016年 2015年 2014年