OFC / 株式会社オーエフシー

旅行・航空分野に従事するなら受けておきたい OFC 国際航空運賃WEB講座

Renewal Start!

「OFC国際航空運賃WEB講座」とは?

日本に乗り入れる海外航空会社の増加、航空機の小型化による供給座席数の減少等、
国際航空を取り巻く環境は近年大きく変化しています。
業務渡航のみならずレジャー分野でも、秘境と呼ばれる地を訪問したり複数の国を周遊する旅程が増え、
それぞれ旅行者に最適な航空券を手配することは、海外旅行を取り扱う旅行会社にとって非常に重要な課題となっています。
そこで、国際航空運賃の基礎となる用語の理解に始まり、運賃はどのように組み立てられるのか、
どういった点に注意して運賃計算すべきなのかといった、旅行会社の生命線となり得る実務上の知識を、
体系的に学ぶことができるよう作られたのが、この『OFC国際航空運賃WEB講座』です。
2018年度のIATA規則改訂も反映した最新の情報で、正確な国際航空運賃の知識が身につく内容にリニューアルしました。

このような方におすすめ

お申込みはこちら

講座の特徴

お申込みはこちら

講座概要

講座名

OFC国際航空運賃WEB講座

教材内容

WEB講座(約18時間の講義)、専用テキスト1冊、
ダウンロード資料、メールでの質問(回数無制限)

テキストは、お支払い完了後1週間程度を目途にお送りします
(年末年始等の休業期間は、通常より長くかかる場合もあります)。

講座内容
  • 第1回:はじめに、IATA、国際航空運賃
  • 第2回:IATAエリア
  • 第3回:運賃の種類について、クラスと運賃
  • 第4回:公示運賃
  • 第5回:運賃の組み立て
  • 第6回:運賃計算の基礎 その1
  • 第7回:運賃計算の基礎 その2
  • 第8回:グローバルインディケーター
  • 第9回:乗り換えと途中降機
  • 第10回:マイレージシステム その1
  • 第11回:マイレージシステム その2
  • 第12回:マイレージシステム その3
  • 第13回:非直行旅行の制限
  • 第14回:旅行形態と運賃の方向 その1
  • 第15回:旅行形態と運賃の方向 その2
  • 第16回:サーフィス
  • 第17回:その他の旅程
  • 第18回:HIPチェック、ミックスクラス
  • 第19回:小幼児運賃、運賃種別等
  • 第20回:総合旅行業務取扱管理者試験対策
受講料
一般のお客様
【通常料金】 24,000円(税抜)
旅行・航空・鉄道業界にお勤めの方
【トラベルビジネス料金】 18,000円(税抜)
大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、
専修学校及び各種学校に在籍し、学ばれている方
【学生料金】 15,000円(税抜)

学生料金でお申し込みされる場合、学生証の提示をお願いすることがあります。

申込・支払方法

講座特設WEBページよりお申し込みください。
お支払いはクレジットカードまたはコンビニ払いとなります。
対応カードや利用可能なコンビニ等の詳細は、お申し込みページでご案内いたします。

申込受付期間

2019年12月2日〜2020年10月31日

受講期限

2020年10月31日

申込日に関わらず、講義の視聴、講義内添付資料のダウンロード、メールでの質問受付等、全てのサポートが終了します。

その他

本講座の配信及び申し込みフォームは、株式会社大宮商会の「e-learning ASP」を利用しています。
ストリーミング再生となるため、スマートフォンまたはタブレットをご使用の場合はWi-Fi接続をお勧めします。
お申し込みページで必ず、お持ちの機器が推奨動作環境に対応していることをご確認ください(受講者側の機器の不具合やネットワーク環境等の理由で受講できなかった場合でも、お申し込みの取り消しはできません)。

全て2019年11月1日現在決定している内容に基づいています。
予告なく変更となる可能性がありますので、必ず特設WEBページで最新の情報をご確認ください。

【クレジットカードでお支払いされる場合の個人情報の取り扱いについて】
受講料のお支払いは株式会社GMOペイメントゲートウェイが提供する決済システム『PGマルチペイメントサービス』を利用しているため、クレジットカード決済でのお支払いを選択されても当社はクレジットカード情報を一切保有いたしません。クレジットカード情報は株式会社GMOペイメントゲートウェイを通じてご利用の各カード会社に連携されます。

あわせて受けておきたい

OFCについて

OFCは国際航空運賃で世界をつなぎます

OFCは1984年2月、内外の航空会社に代わり、国際航空運賃・料金及び航空運送事業の政府認可を運輸省(現:国土交通省)に申請する事業を基軸に第一歩を踏み出しました。
以降、30年以上にわたり、複雑な国際航空運賃の最前線において、より分かりやすい日本語規則の提供に取り組んでおります。