OFC / 株式会社オーエフシー

「旅好き」を極めてみたいあなたに OFC 航空トラベル検定

「航空トラベル検定」とは?

海外旅行を計画する際に欠かせない地理(国、都市、空港)や航空会社などの知識を幅広く問う試験です。
様々な国を訪れる旅行好きの方の腕試しはもちろん、カウンターでお客様のお問い合わせに接したり、
ツアー造成に携わったりする旅行会社の社員の業務知識の確認にもご使用いただけます。
また、この検定の勉強を通じて、海外旅行の知識を深めることは、
これから旅行会社への就職を目指す学生の皆さんにとっても、きっと有意義でしょう。

このような方におすすめ

お申込みはこちら

検定の特徴

試験問題

全100問を60分で解いていきます。中学・高校時代に習った地理から、実際に体験しないとなかなかわからない旅行知識まで、問題は多様です

試験問題
都市についての問題(コード、所在地など) 10問
空港についての問題(コード、所在地など) 20問
通貨についての問題(コード、流通している国など) 5問
国・地域についての問題(コード、所在地、国旗など) 15問
航空会社・航空機についての問題(コード、所在地、メーカー、性能など) 20問
地理・時差についての問題(所在地、計算問題など) 10問
航空用語についての問題(国際機関、用語の定義など) 5問
国際関係・旅行用語についての問題(国際条約・協定、出入国など) 5問
長文問題(様々な組み合わせの複合的な問題) 5問
日程表に関する問題(Eチケット控えなどから出題) 5問
問題例
例題1都市についての問題

コードCHIの都市の位置として正しいものはどれか、次の内から選べ。

  • A
  • B
  • C
  • D

答えを確認する

例題2空港についての問題

沖縄県にある空港のコードとして正しくないものはどれか、次の内から選べ。

  • A.ISG
  • B.OKA
  • C.MMY
  • D.IZO

答えを確認する

例題3空港についての問題

コードMXPの空港がある都市はどれか、次の内から選べ。

  • A.ローマ
  • B.マラガ
  • C.ミラノ
  • D.バルセロナ

答えを確認する

例題4通貨についての問題

次の国の内、法定通貨としてユーロを使用する国はどれか選べ。

  • A.デンマーク王国
  • B.ポーランド共和国
  • C.英国
  • D.キプロス共和国

答えを確認する

例題5国・地域についての問題

地図上、サルデーニャ島の位置として正しいものはどれか、次の内から選べ。

  • A
  • B
  • C
  • D

答えを確認する

例題6航空会社・航空機についての問題

コード「QR」の航空会社の所在地として適切な国・地域を、次の内から選べ。

  • A.クウェート国
  • B.カタール国
  • C.ケニア共和国
  • D.イラン・イスラム共和国

答えを確認する

例題7航空会社・航空機についての問題

次の航空会社の内、かつて存在していたが、現在運航していないものはどれか選べ。

  • A.フロンティア航空
  • B.トランスアエロ航空
  • C.ライオン・エア
  • D.ライアンエアー

答えを確認する

例題8地理・時差についての問題

キトを首都とする国はどれか、次の内から選べ。

  • A.エクアドル共和国
  • B.コロンビア共和国
  • C.コスタリカ共和国
  • D.ホンジュラス共和国

答えを確認する

例題9航空用語についての問題

1945年に設立された、世界の多くの航空会社で構成される運送協会の名称を、次の内から選べ。

  • A.JATA
  • B.ABC
  • C.IATA
  • D.FAA

答えを確認する

例題10国際関係・旅行用語についての問題

日本人が観光目的でオーストラリアに入国しようとする場合、事前に渡航許可を申請しなければならない。この申請プログラムを何と言うか、次の内から選べ。

  • A.ESTA
  • B.IATA
  • C.ETC
  • D.ETA

答えを確認する

学習の手引き

本検定専用のテキストはございません。受検に向けて、このような書籍が参考になります。

ステップ1 中学校や高校で使っていた地理の資料集(主に都市や国・地域の問題について)
ステップ2 OFCタリフシリーズ
  • 日本発キャリア運賃 (IT運賃を除く)年4回(4・7・10・1月)発行各航空会社の日本発公示運賃タリフですが、都市コード早見表や、航空会社ごとの無料受託手荷物許容量、各種料金の一覧表も収録し、便利にお使いいただけます。
  • 世界の特別運賃 年4回(4・7・10・1月)発行世界一周運賃や、各国のエアパスを掲載。なかなか情報が手に入りにくい、日本に乗り入れていない海外航空会社についても知ることができます。
  • 日本発運賃一般規則 年1回(4月)発行タリフの読み方や運賃計算ルール、航空券の基礎知識など、航空機を利用した海外旅行に役立つ知識が満載。

いずれも、主に業務で航空券手配をされる方向けの専門書籍ですが、一般の方でもご購入いただけます。
ご購入はこちら(https://www.ofc.co.jp/publ/index.html)から。

書店での取り扱いはございません。店頭でお買い求めの場合は、JALプラザ(有楽町)でお願いいたします。

ステップ3 各出版社より発行の航空専門誌
  • OAG Flight Guide/Worldwide Edition航空会社800社のフライトスケジュールを掲載。
    空港コード表、都市コード表の掲載もあります。本商品はOFCウェブサイト(https://www.ofc.co.jp/publ/oag/oag_worldwide.html)にてご注文ください。
  • 航空知識のABC
    最新版
    (イカロス出版)
    ISBN
    978-4-86320-978-7
  • エアラインサービス
    完全活用読本
    (イカロス出版)
    ISBN
    978-4-8022-0361-6
  • 旅客機型式
    ハンドブック
    (イカロス出版)
    ISBN
    978-4-8022-0528-3

価格、購入方法については、各出版社または書店へお問い合わせください。
(当社では販売しておりません)

ほか、ウェブサイトで随時ご紹介していく予定です。

お申込みはこちら

検定概要

試験名

航空トラベル検定

受験料

4,000円(税抜)

申込・支払方法

講座特設WEBページよりお申し込みください。
お支払いはクレジットカードまたはコンビニ払いとなります。
対応カードや利用可能なコンビニ等の詳細は、お申し込みページでご案内いたします。

申込受付期間

通年

受験期間

申込日より3日後から3か月後の間

試験形式

多肢選択式(CBT試験)

CBT:Computer-Based Testingの略。全国200以上の提携会場の中からご希望の会場、日時をご自身で予約し、受験できるシステムです。

問題数

100問

試験時間

60分

評価基準

1問10点の1,000点満点とし、正解した問題数に応じて点数表示します。
また、成績上位者はOFCウェブサイト上にお名前(イニシャルまたはニックネームも可)と点数、受験回数を掲載予定です(随時入れ替え/掲載をご了承いただいた方のみ)。

設定方法

試験終了と同時に画面で成績をご確認いただけます。
また、会場でスコアレポートを印刷し、お持ち帰りいただけます。

その他

学校や法人で団体受験をご希望の場合は、株式会社オーエフシーまでお問い合わせください。
集合形式での実施も可能です。

全て2018年11月1日現在決定している内容に基づいています。
予告なく変更となる可能性がありますので、必ず特設WEBページで最新の情報をご確認ください。

こんな検定もあります

旅行・航空分野に従事するなら受けておきたい OFC国際航空運賃検定 複雑化する国際航空運賃の世界において、正確な規則の理解は、日々の予約・発券業務や、お客様へのご案内といった実務に欠かすことが出来ません。わかっているようで意外とわからない用語の意味、運賃を計算するための考え方など、国際航空運賃の必須知識の理解度を図れるのが、この「国際航空運賃検定」です。2018年度のIATA規則改訂も反映した内容で、最新の国際航空運賃規則を身につけるのにも役立ちます。 国際航空運賃検定 
特設ページはこちら

あわせて受けておきたい

旅行・航空分野に従事するなら受けておきたい OFC国際航空運賃WEB講座 国際航空運賃の基礎となる用語の理解に始まり、運賃はどのように組み立てられるのか、どういった点に注意して運賃計算すべきなのかといった、旅行会社の生命線となり得る実務上の知識を、体系的に学ぶことができる講座です。2018年度のIATA規則改訂を反映した最新の情報で、国家試験対策の解説も更に充実しています。 国際航空運賃WEB講座 
特設ページはこちら

OFCについて

OFCは国際航空運賃で世界をつなぎます

OFCは1984年2月、内外の航空会社に代わり、国際航空運賃・料金及び航空運送事業の政府認可を運輸省(現:国土交通省)に申請する事業を基軸に第一歩を踏み出しました。
以降、30年以上にわたり、複雑な国際航空運賃の最前線において、より分かりやすい日本語規則の提供に取り組んでおります。